ブログ

2013.02.11

夜のプラットフォーム

 久しぶりに、一人で映画をみた。
ふと、生活に潤いがほしくなって、夕方三輪駅へとむかった。

むかったのは、大学時代にバイトしていたショッピングモール。
とても久しぶりに、ローカル線へのって向かう。

そんな帰りの列車を、うっかり逆方面へのってしまい、寒い夜、30分、
見知らぬホームでまちぼうけ。ひと一人と通らない暗い闇、
いつの日か、真冬の夜、ヨーロッパに一人でいったとき、不安いっぱいで
心細かった情景が目に浮かぶ。

こんなに静かで、ひとがいない暗闇は、まえ、終電をのり過ごして、
森の暗闇から突如顔をだした、鹿たちと遭遇して以来だろうか。
身体にしみわたる、夜の冷気。

きいろいゾウ。
原作が気になっていた映画をみた。
日常の、たいせつさが胸に沁みる。
あたりまえの今が、どれだけ大切なのか。

自分の絵の世界観と、すこしリンクしたような気がした。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ